肌荒れや過敏症の人にチャップアップが支持される理由

私はこれまで数種類の育毛剤使用経験があります。
その中で最も肌へのトラブルが少なかった育毛剤を紹介したいと思います。
育毛剤はなかなかお試し体験できないので、数千円のものを買った後にやっぱり自分に合わないというケースもよくありますね。
そういった無駄な費用が出ないよう、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

最も刺激が少ない育毛剤

数種類試した育毛剤の中で刺激が少なかったのはチャップアップとリッチハーベストです。

 

どちらも使い心地は良いのですが、リッチハーベストの場合はプッシュ式ではなく、頭皮に直接塗布するタイプなので使い心地が微妙で、どのぐらい頭皮に塗布されているのかよく分からないといったデメリットがありました。

 

成分的にもリッチハーベストの方が有効成分が少ないため、私はチャップアップを普段から利用しています。
私は皮膚が紅潮したり、痒くなったりしやすいのでチャップアップはそういう人にも向いているかなと思います。

 

 

なぜチャップアップは刺激が弱い?

チャップアップは育毛効果のあるものと、抗炎症作用を与えるものの両方を意識した成分が配合されているという特徴があります。

 

例えば、センブリエキスやオウゴンエキスなどの脱毛症の原因物質をやっつける成分は他の育毛剤でも入っていたりします。

 

でもチャップアップの場合、それにプラスして抗炎症作用を与えるヒキオコシエキスやビワ葉エキス、M-034エキス、ジフェンヒドラミン、グリチルリチン酸なども入っています。

 

抗炎症作用を与えるものが2、3種類しかない育毛剤もある中で、頭皮環境を守る成分もたくさん配合されていることが、チャップアップの刺激の少なさを生んでいるんじゃないかと思います。

 

「刺激が強い=効く育毛剤」ではない

刺激が頭皮にあった方が、「染みて効きそう!」と考える人もいると思います。

 

でも問題はいかに育毛効果を発揮してくれる成分が入っているか。
例えば炭酸ガスやエタノール、メントールが入っていれば爽快感や刺激を感じます。
でもこれって別に育毛効果を増強するものではありませんよね。

 

必要なことは血行促進作用与えたり、抜け毛の原因となってしまう還元酵素をいかに抑えるか。
刺激が少なくても育毛効果があるもの(チャップアップなど)もあるので、成分の作用を重視して選べば何の問題もないです。